スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルモンバランス サプリメントの最新情報。

タバコの喫煙と男性ホルモンの関係について

エストロゲンが更年期で悩む”あなた”の救世主に

若さを保つ









お奨め記事

-----------------------------------------------------------------------

インド最先端医療! 著 者: 五感教育研究所

インドは現在、国を挙げてIT技術や最先端医療に取り組んでいる。

小学校からオール英語で授業を行い、国際理解などの教育に力を入れている。

最近インドでは、最先端医療が世界中から注目され、治療や手術を目的に世界中から患者が集まっている。

施設もホテルのようなサービスを提供する病院が幾つかある。

施設だけではなく、アメリカや日本などの国々で最先端医療を学んだ医師が多く勤務しており、高度先進医療を実施している。

インド国内では、これらの施設に優秀な医師が集中してしまう問題化が怪訝されているが、医療費の安さと技術の高さが評判を得て、世界中から患者が集まっているのだ。

例えば、心臓疾患の手術を例に挙げると、アメリカでは360万円、日本では136万円、インドでは80万円と格安なのである。

これに日本と同等の医療が受けられ、手技実績も施設によっては日本の病院の例ではない。日本では医局制度が未だに存在しており、教授の許可がなければ手技が出来ない現状を考えるとインドの最先端医療はアメリカの医療制度に近いものがある。

インド国内では、これらの施設は一部の富裕層の人達だけしか受診出来ないが、

アメリカ同様に医療保険が破綻している現状もあり、決してインド国内では医療費は安いとは言えないのである。

ところが、アメリカなどの医療費を考えると確かに格安で高度先進医療を受けられるメリットが高い。また、これらの施設には日本語、英語、中国語など何カ国か話せるスタッフが在住しており、海外からの患者に対して対応している。

得意のITとの関連で高度先進医療を受けられるシステムを構築している。

検査機器も、高度先進医療機器、CT、MRI、PATなど充実している。

日本の大学病院と同等、またはそれ以上の最先端医療が受けられるのである。

但し、問題もある、インド国内ではこれらの民間病院が優秀な医師を集め、集中しているため、公的医療機関の質の低下が怪訝されている。

高度な治療を望むなら民間病院に行かざるを得ない。その医療費は年々高くなっているのだ。

また、海外からの患者が自国に戻り、その後の病状の悪化に対する対応や症状の異変に対応するのには、やはり、自国の病院で受診するか、またインドに再度受診するかである。

以前、私が中国での心臓移植問題を取り上げたが、中国では心臓移植は死刑囚の了承を得てとあるが、心臓移植の日程が分かるのである。

だから、日本や東南アジア、欧米と世界中から注目されている。

またも格安なため、日本人、特に子供達の心臓移植が増えているのである。

アメリカの半分以下の医療費で済む為、その数は急激に増えている。

但し、問題は手技技術である。現に手術後に病状が悪化し、日本国内での再度の手術や治療などの件数も多い現状があるのです。

それに比べて、インドでは教育の充実度が高く、日本の学力低下と逆に学力が国全体で上がっているのである。

勿論、小学校からオール英語で授業を行い、世界に目を受けて教育を実施している。

私共も、群馬アカデミーの支援、地元千葉で来年に開校する「インターナショナルスクール」幼稚園と小学校の開校と近年中に北関東に「医療産業都市計画」を構想しており、医学薬科大学、海外の大学の誘致、オール英語で授業を行い、哲学や心理学、大衆衛生など日本の大学ではあまり実施されていない学問に力を入れ、世界中で活躍できる人材を育成したいと考えている。

同時に、アメリカの大学や他国の留学などの留学生の低減も目指している。

先日のアメリカの大学での大量殺人事件のように海外の「海外の大学が危ない」現状を鑑み、日本国内でアメリカや外国の大学の授業を受けられるように目指すものである。

これらの施設には「生命科学研究所」、高度先進医療を導入する「付属病院」

難病、新薬開発、研究などの施設、ユニバーサルデザインを取り入れた「高齢者施設」など構想している。

私共が構想している施設には、インドは勿論、東南アジア、欧米など、留学生、研究者、教師陣、教授陣、医師団も含め多くの外国人が交流し、勤務出来る体制も整える予定である。

これらの構想を実施することで「日本の医療界」「教育界」に一石を投じるものだと確信している。

何処まで出来るか分からないが、私共は「社会貢献と地域貢献」を目的に今後とも取り組んで参ります。

五感教育研究所、主席研究員、荒木行彦、

http://www2.tba.t-com.ne.jp/FiveSenses./index.htm







アーティクルリソース:http://articlejapan.com/





-----------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takesansan4

Author:takesansan4
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。